2013年9月アーカイブ

今までの濃紺のクールなデザインから、一気に白ベースの明るいデザインに一新しました。
長年、書き貯めた高橋秀典院長の診療日誌ブログをまとめる形になりました。

診療時にどんな事が起こっているのか高橋秀典院長のラフな感じの文章が 患者目線にしたらドラマチックに感じられ、また診療理念でもある一人一人の患者さんを大切に していることが実践されていることがご理解できることとおもいます。

忙しい日々のなかでブログを継続していくことはご努力のいることと思いますので 弊社としては、結果や反応を確かめ、高橋秀典院長のブログを拝見させて頂きながら TOPページを運営させていただきます。

ホームページはコチラ

takahashihp.jpg

中秋の名月

トラックバック(0)
今年の中秋の名月は9月19日でした。
だからということではないのですが、仕事の集中力がとぎれたので
早めに仕事を切り上げ(すみません)中津川沿いを歩き街に出てみました。

15分ほど歩き公園前にくると、空の比率がぐっと広がります。

夏や秋の草花であふれる公園を通り過ぎようとしたら、一番背の高い花の先に
トンボがちょんと止まっているのが目にはいり
カメラを構えシャッター押した、その瞬間予期せぬ画面が!トンボが飛んだのです!
写真は、その偶然の瞬間と、その後止まったときの写真です。
うれしい偶然に出会うと、事が思うようにいかなくても今日は全て良しとしてしまいます。

陽も落ちて、誰もが足早に家路につこうとする中で、月の明るさに気がついて立ち止まり
夜空を見上げたり写真をとったりしている人たちになんども出会いました。

見て下さい!気づいてください!こんなに輝いてますよ!ってイケイケの広告ではなく
うれしい出会いとしてだったり、あの月のように自然に気づく広告が作れたらなあって思います。
電飾看板ってどうなの?って感じた夜でした。

4062.jpg

4063.jpg

4058.jpg

 80 インチの液晶モニターを壁面ディスプレイの一部とし、患者さんの歯科医療に対する嫌悪感を和らげようとされる施主様の具体的(下記内容)希望を全部取り入れさせていただきました。

・80 インチの画面の一部にタッチパネル操作可能なCT 画像が映し出されます。

・正面はブラックミラー、他3面はカーテン地を貼付けその上からガラスでカバーしています。

四方の光の反射効果や写り込みがどのようになるのか、模型を作り再三確認しながらプランニングしました。

施工はファブリックを得意とするフォーライフ様です。

高さ2700 の特注ミラーの施工は特に慎重に行われ、コンセントやスイッチの部分を切り抜いたり、コーキングの入れ方を工夫していただいたり、収納扉もブラックミラーで仕上げ、細かいところまで対応していただき無事に四方きっちりと納める事ができました。

matsumoto03.jpg

matsumoto04.jpg

 

 かわいらしく、すっきりに仕上がりました。

ホームページはコチラ

miki1.jpg

miki2.jpg

ホームページはこちら

455.jpg

 2012年秋にプランニングをスタートし、2013年春着工、夏に外構とガレージを残して住める状態に出来上がったので、一部紹介いたします。

t01.jpg

 

6m の吹き抜けのあるリビングには、NEED’K のシェードとカーテンを提案させていただきました。

さずがに6m ともなると柄の大きさ、色、質感がどのように演出されるのかカタログでは判断できずNEED’K の東京ショールームで現物を確かめた上で、さらに代理店のフォーライフさんに現物を取り寄せて頂き、決定させていただきました。

施主様のカラーコーディネート力もありインテリアと優雅にシンプルに調和されています。

もちろん開閉は電動リモコン操作です。 参照:http://needk.com

t02.jpg

t03.jpg

メイン玄関左側の和室の障子は、家紋を手がかりにデザインさせていただきました。

3案の中から建具やさんと製作可能な形や納まりを話し合いながら、力強い躍動感ある空間が演出できました。

主に客間としてご利用されるようですが元気なお子様がいらっしゃいますのでもちろんワーロン使用です。